2007年02月16日

noblesse oblige

最近いろんなトコやコトで、
noblesse obligeって言葉を見たり、考えさせられたりするようになって、
自分にとってのnoblesse obligeはなんだろなとか、
あの人にとってのnoblesse obligeはなんだろなとか考えるようになった。

noblesse obligeを明確にしたい。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

恐怖に支配された果敢なもの

は青天井の世界を見ながらも、一番先へ行けることを信じている。


ベースメントを造る時は長く重く強く。

知の位相が絡み合うように積み重ねられてその濃淡と構造を認知できる興奮が、替えがたい快感を与えてくれる。

雪の結晶を見ているような気分。


妄想なら、
妄想だって教えてくれる親切なやつと、それを聞く耳があれば十分だよ。



小さな泉にポンプを入れて汲みあげると、凄まじい勢いで湧き出る泉から溢れた水をすくうのじゃ、水の量は逆でも全然違うと思うんだ。

でも、それには豊富に水を含める地層とそれを支える木と海から戻ってきた豊か雨が必要なんだよな。


地層と木はテメーでなんとかしなさい。期待したときではないかもしれないけれど、いつかは豊かな雨が降ってくれる。かもしれない。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

bushido

新渡戸稲造の武士道を久しぶりにぺらぺらめくった。

最初読んだのは高1かな、
たぶんそのあたりだったと思うけど、
その時と全然違う感覚。

日本史とかちゃんとやった後だったり、
ネットでちょっと原文と比べたりしたからかもしんないけど、
1899年ていう時代に英語で
あれだけの文章を書ける人間てだけで気違いじみてヤバいのに。

にーちぇ、げーて、
「進化論」の言葉を作ったスペンサー,
孔子だとか孟子とか中国の知識とか、

数えきれないくらいの外国の知識の引用、
和歌や俳句の翻訳。

「絶対に認めさせてやる、
日本の道徳感にはこれだけの重みと歴史、道理があるんだから。」
っていう気骨が文章のいたるところから感じられた。

すげえなあ。
対照的に、
100年たった今でも先端の知識は洋書でしかないっていうこの現状は何よ。笑

茂木健一郎が
脳とクオリアの洋書版を書きたいって
言い続けてる理由がなんか少しわかった気がした。


100年昔でも世界に通用する人間はカッコいいな。
んん。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変化2

日々の漸次な変化によって、ある時、過去との大きな段差に気づく。
ロングスパンな変化はそうあるべきだよな。

背景知識なく言語化しようとすると、
どーも具体例だとか
そういうものが抜け落ちて
説得力がなくなるんだよね。

説得力を記憶する部分を鍛え上げてやんないと。

いま小手先の言葉ダンス。

今更河合塾から連絡きてウケた。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

りてらしーそれは、なんちゃらな

なんていうかさ、
日本の教育でバーチャル世界に対する
リテラシーっていうか
ほんとの情報処理能力みたいのを
小中高で教育するべきだと思う。

荒らしとかだって、
バーチャルな世界だと相手との距離感がないし、
意識して画面の向こう側に人間がいるってことを
理解しようとしないと、
身体感覚的なものがついていかないと思うんだよね。

学校の授業では本来そういうことを教えるべきじゃん。

だけど、
あれで学んだことなんて2進数とか、ワープロだとか
情報処理プロセスとかじゃん。

確かに、
実際的な問題をするための能力として
ワープロだとか表計算とかパワポやらせるのは
情報格差が叫ばれる中ではしょーがないし、
まま効果はあるかもしれないけど。

学校の情報教育じゃ、
インターネットのどこが悪いとか
ケータイのWEBページでも個人情報は簡単に書いちゃいけないとか
これはパラレルな世界じゃなくて
単純に現実の延長なんだっていうこととかを
全然教えられてこなかったんだよね。
そういうのってホントはすごく大事だと思うんだよなあ。

学習指導要領作る人がわかってないのかなあ。

んんあ。
イエロー・マジック・オーケストラ
の新曲いいな。
何十回ループしても飽きない。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

おいしいけれどもかみごたえがありすぎるもの

美味しくて栄養豊富なんだけど、
そういうものは噛みごたえがありすぎて
途中であきらめたり、
気づいたら手をつけなくなって
すっかり忘れてたりする。

そういうものを消化吸収するのは
結構手間ひまかかるものなんだけど、

一つ一つ潰していって
それを自分の血肉にできた時の
達成感だとか、
効果てのは抜群で
考え方の枠組みに大きな変革を
与えてくれると思う。

「出過ぎた杭は誰も打てない」
って日本人MIT教授の言葉、格好良すぎると思った。
こつこつこつこつこつ。博打だけじゃ限界があるね。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちゃーはん

チャーハンは冷やご飯を
電子レンジでラップかけずに
温めたやつをほぐして使うと
一番楽。

それか、
水を少なめで炊いた米を
炊飯器のふたを開けて放置しておくと
いい感じに使える。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

A→A'的スキーム(枠組み)

茂木健一郎が
意識とは何か
で言っていたことの中で
特に印象的だったことの一つに

<私>というパーソナリティ(人格)はそれぞれの人との関係性の中で個々の異なる人格を生み出し、最終的に<私>に統合される


というような文があった。
そしてその関係性を
A=<私>
A',A",A'"...=それぞれの関係性の中で生み出される人格
と定義して
スキーム(枠組み)で置き換えると、

A→A'
A→A"
A→A'"
A→...

のようになっていく。

もうひとつ、
他者の存在をAが見たとき
新しいB'という属性が立ち上がる時も

A→B'
のように表せる。

この単純で無意味に見えるスキームが、
客観的にいろいろと認識する上で
ものすごく便利なことに気づいた。

たとえば、

[mixiの息苦しさの理由]
A→A'
A→A"
A→A'"
A→A""
のように
高校、大学、サークル、バイト先のように
それぞれの場に合う異なる人格を作っているのに
mixiではそれがすべて統合されている。

ということは、
日記を書くときにそれぞれの個々に矛盾が生じないように
A'∩(且つ)A"∩A'"∩A""
の要素を書こうとしてしまう。
A',A"...のそれぞれが離れていればいるほど
共通する要素は少なくなり、話題や態度にどうしても息苦しさが出てくる。

この問題を解決するには...




みたいな感じに使える。
説明に結構便利。
文字だけより全然わかりやすいっしょ?
んん、わかりやすいはず。



ああ、あと、
A'∪A"∪A'"...だからややこしくなって。
っていう理由もあるんだけど、
まあいっか。


posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

能動的て去年も書いたな。

能動的じゃないのは罪だよ。
頭でっかちで受動的なままだとそのうち脳みそ完全閉鎖されてどんどん縮こまってスーパーノヴァ。

一応受かったらそのあと決めよう。
無駄に考え込んでると暴走しかねない。

やっとこさ立ち位置が決まりそーになりそー。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

増える知識のあと

知識を構築していくと
物事にアクセスできる手段が増えた気がする。
対象となる知識に対してその周縁部をめぐる知識が
手をつないだりすることによって新しい見方を得ることができると思う。

でもそれには、ある程度まとまって構築された知識がないといけないっぽい。
粗野な記憶でも、なるべく大きく固まっていた方が、
洗練されているけど視野のせまい知識よりもあとあと生きてくるかなあ。

椎名林檎いい。
iTunesでシングル買ったけど、
アルバムと曲調が全然違っていい。
あと少しなんか買ったかも。

あしたは八百長のこと。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。