2007年07月25日

右足の小指

ぶつけたら

鈍い音がして

見たら
ツメに水平にヒビが入ってて、血がでてた。

まじ地味にいてえ。
orz
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

しーでー

久しぶりにCD買った。
Massive AttackのベストとArts the BeatDoctorのTransitionを。
hip-hopのCDとか生まれて初めて買ったし。笑
にしてもMassive Attackマジいいなあ。RadioheadのThere Thereとか好きな人は絶対気に入る。

淡々としてる音楽っていいね。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

びびった

バイトでいつも教えてる子が、世界史の教科書にメッチャ太字で出てくる政治家の曾孫だった。笑
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 00:13| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

自由について

ああ、ネイティブな文化的制約から自由になりたいんだ俺は。

でも、その制約が何なのか自分で表現できないから、興味を持つんだ。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

たまには格言とか。

朝起きたら思い出すようにしている言葉。

「個人は何ものかに達するためには、自己を諦めなければならないということを、誰も理解しない。」(ゲーテ)

あとは、appleのCEOスティーヴ・ジョブズがスタンフォード大学でした演説が好き。
邦訳もあるけど、臨場感あるから英語の方がオススメ。youtubeにもあった気がする。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

fragments 05-29

-過剰なインプットって記憶の整理の上で問題でてくるのかな-
 どの辺から過剰かは個人差とか主観があるけど、まあその人が通常行ってるインプットの数倍くらいで考えると。

-日常の中に集中を作り出すのは難しいな-
 意識的にヴァーチャルな外部を作る事で解決してるけど、必要とされる集中力が全然多くてすぐ疲れる。

-目標は120文字/秒- 内容にもよるけど、15分強で新書1冊ぐらいの日本語を処理できるように。英語は、語彙のレベルに左右されすぎる。まだ全然ダメ。Readは全部タイマー使わないと緊張感下がる。この前ヤッパタイマー買っときゃ良かった。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つたや。

つたやでーぶいでー100円。

ブレイブハート
13 days
LEON
ザ・ハリケーン
BBC 世界に衝撃を与えた日(W.W.I 休戦に向けての駆け引き)
カウボウイ・ビバップ

みすった。テーマが重すぎた。

とりあえず、
キューバ危機の大統領府の様子を映画化した
13 days見た。
ただ現代の史実を映画化したヤツだと
どこまでがリアルなのかとか
この視点は恣意的じゃねーのかあとか
疑いながら見ちって純粋に楽しめね。

でも、大統領補佐官(たぶん)を演じてた
スティーブン・カルプが格好良かった。
ネット調べても、あんま評価が良くないらしいのが残念。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ろんりー

さっき論理的できちんとした文章を読んだら、カッ飛ばして読める楽さに気づいた。

最近、「ゲーテとの対話」読んでたせいか、
論理的できちんとした文章は、なんて親切なんだろうって感動。
ああ、ゲーテとエッカーマンが、論理的じゃないって意味じゃなくてね。

あの本は基本的にエッカーマンがゲーテとの話の良い部分を抜粋している文章で、
そのまんま口語だし、結構予想できない方向に展開するから、
小説の様なリズムで読むようにしないと面白みが減りまくってしまう。

まあ頭がもっと速く回れば、ビデオテープの早送りみたいに進む感じで読めるんだろうけど、
なかなか上手くならないんだよね。


でも、
論理がきちんとしてる文章は、結論が途中でわかってくるから、
頭が悪くても途中の説明に対して懐疑的に読めるところが効率的でいい。

へんてこな文章を頭悪く読んでいると、
わけのわからない説明を長々と受けて、
最後に「なにか質問はありますか?」て聞かれた時と同じくらい不快な気分になる。

おうぇ。

前にもこんなこと書いた気がしないでもないな。



なにか質問はありますか。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

奥行き

今度いつかきっと書く。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

晴天のための小さな雲

少しも懐疑や不安を孕んでいないものは、信じられない。

正確には、信じたくなく、なりたい。

なんか、
僻んでるみたいじゃん、俺。

大事なことがこぼれ落ちてく。
posted by もうわからなくても大丈夫でしょ。 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。